So-net無料ブログ作成

「目が覚めると○○になっていた」 [ドラゴンクエスト]

 暗転した後にいきなり奴隷になっていたり、石像になっていたり、とかいう展開は今までにもあったのだから、何となくそういう展開が来るかもしれない、という予想はしてなかった訳ではないのですが、いやもうアレはちょっと私の想像力を遥かにぶっちぎって、斜め上にぶっ飛んでいったわ…。「えっなにこの展開」と動揺すると同時に、生まれて初めてプレイしたドラクエである「天空の花嫁」を懐かしく思い出しました。

 そうは言っても非常に展開的にきつくてですね…「何か…何か救いを…!!」と切望せずにはいられない(涙)
 斯様なことを考えつつコントローラーを握っていたのですが、救いというか思いがけない再会や喜びもあったのだけれど、でもそれだけでは埋め合わせがつかない!という位ちょっと今しんどい。辛い。哀しい。空の上はあんなにも穏やかで美しくて、清冽な雰囲気に満ち溢れていただけに余計に辛い。

 そんな私が見出した救いは、「グレイグ×勇者ってすんごい萌えじゃね?」という腐った思考。基本的に私は「主人公は攻」派です。勿論例外はありますので、絶対とは言えないけど、幻水とかの様に「喋らない主人公は=自分、という意識が強く働くので攻になることが多い」のだと思われます。
 でもグレイグ渋くて格好良いおっさんだし、主人公に対して色々抱えてるし、なのにアレだし、という訳でちょっと腐った妄想をして気を紛らせてます。

 よもやドラクエでほもほもしい萌えを感じることがあろうとは、と腐ったおなごではありますが、何となく罪悪感を意識せずにはいられない。作品によっては「あああああ、こんな美しい作品でほも萌えしてほんと済みませんごめんなさい!!」…と地に伏して謝りたくなるのです。多分なけなしの理性というか、が働くのだと思われます。生まれてきて済みません。


nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0