So-net無料ブログ作成

aiboきゃわわ [日々の戯言]

 あちこちのニュースで「12年振りにSONYからaiboが復活!」とやっているので、動いているaiboを結構テレビで見掛けました。昔のAIBOに比べると、当たり前なのだけれど動きがすんごい滑らかになってて、目の表情がくるくると変わってすんごい愛くるしくなった感じ。個人的には初代型の目も口もない、あのバリバリロボット!なタイプが一番好きで、とってもとっても欲しかったのだけれど、新しいタイプもあれはあれですんごい可愛い。
「AIBO製造中止」はある意味でSONYが苦境に陥っていた時代の象徴の様なものだったから、逆に「aibo復活」は昨今のSONYの業績が極めて順調であることの善き象徴である気がします。良くぞここまで立て直したなあ、平井社長ほんと凄い!平井社長はゲーム畑出身で昔から良く見てた方なので、SONY本体でばりばり辣腕をふるっておられるのを見るのが何となく嬉しい感じがします。なんでかな。

 so-netのblogにはまだ「AIBO」のカテゴリーがあるのだけれど、まさか12年も経過した後にこのカテゴリーが復活するなど、So-netの担当者も夢にも思わなかったのではないかしら。
 ある程度の年齢になってくると、犬でも猫でも捨てられていた子を引き取ろうとしても「高齢の飼い主にはお譲りできません」って断られちゃうことがあるんですよね。「どちらの寿命が尽きるのが先か、年をとっていたらちゃんと面倒を見られるのか?」という危惧もとても良く分かるけれど、伴侶を亡くした方とかの最後の心の支えとして犬や猫を飼うことを許してあげて欲しい様な、でももしものことがあったら辛い様な。
 多分、aiboはそういう方の心の支えになるのではないか、という気もします。わんこ大好きだけど命に関わる程のアレルギー持ちで飼えない、という方とか。


nice!(3) 
共通テーマ:AIBO