So-net無料ブログ作成
腐女子的妄想 ブログトップ
前の15件 | -

冬コミだったのですね [腐女子的妄想]

 開場前に熱中症でダウンして閉会まで救護室で寝ているという、同行したお友達やスタッフの皆さまにものすごーく迷惑なことになって以来「…私にとっての夏は終わったのだ…」と夏コミから引退。年末年始は何かと忙しいから参加出来ない!と冬コミもほぼ引退、してからすっかり忘れてたのですが、今日からコミケなのですね。参加される皆さま方は、暖かくしてご参戦下さいませ。良き本との出会いがあります様に!
 初めてコミケに行ったのは○○年前のことでしたが(※己の尊厳を守る為、情報を伏しています)あの頃に比べるとほんとアニメ・漫画関係のヲタクって世間に受け容れられて恵まれたよなあ、としみじみ感じてしまいます。
 今でも何か犯罪をやらかした人がアニヲタだったりゲーヲタだったりしてマスコミがヲタク叩きしたりすると「マスコミはヲタクを差別してる!!」と怒っておられる方々を見掛けるのですが、「差別されるのが当たり前だった」時代を経てきた老兵の婆戦士としては「差別されるのが嫌なのだったら、普通の人間の何倍もお行儀良く振る舞うしかないのさ。そうやって長い時間を経て、実績を積んでいくしかないんだよ」と悟った顔で呟くしかないのでした。
 音楽関係の趣味でも学生時代から「非国民!」「え、あんなのが好きなの?」と馬鹿にされたりすることが多かったので、もう「そういうもの」と慣れてしまいました。しかし今思い出してみると、子供って本当に残酷だな…。自分もそうやって無意識のうちに、友人を沢山傷付けてしまったのだろうな、と改めて深く深く反省。ごめんなさい。

 コミケには行けなくても、ネットで萌えは幾らでも補充、深く満たされることが出来るのだから、本当に良い時代になりました。素敵な作品を送り出して下さる方々、本当に有難う。


nice!(1) 

クリスマスイヴの夜に [腐女子的妄想]

(イヴだけど)メリークリスマス!!毎年思ってることだけど、日本人的にはどうしてクリスマスイヴが気分的に一番盛り上がるのでしょうか。下手すれば25日の午後にはクリスマスツリーを片付けたりしてるところもあるし、そんな私も今夜でクリスマスな気分は終了してしまいそうです。家のドアには明日の晩までクリスマスリースを飾っておきますけど。
 今年のクリスマスケーキはお付き合いで某セブンイレブンのケーキを頼んだのですが(イチゴの載ってる極めてシンプルなもの)全く期待してなかったのだけど、美味しかったので満足です。来年また頼んでもいいかな?と思う位には美味しかった。

 そしてクリスマスとは全く何の関係もなく萌えの話なのですが、この間「スターウォーズ・最後のジェダイ」を観に行った感想で書き忘れたんですけど、カイロ・レンとレイの関係性が私の萌えのストライクゾーンど真ん中に投げ込まれた160キロの剛速球。これはもう打ち返さずにいられようか!というレベルで萌え。前作から「この二人の関係って萌えるなあ」と思ってたのですが、近作はもう映画鑑賞中に何度か変な声が出そうになったレベルで萌え。
 カイロ・レンがイケメンな悪役であるのがすんごい萌え。そんなイケメン悪役が敵対している若くて美人なレイを殺せないのってやだなにこれ萌える。今回、途中で一度だけ共に戦うシーンがあったのですが、その前段のシーンから萌え死にそうな勢いでした。ノマカプ萌え!と思ったけど、そもそもカップルでもないというか、お互い殺し合いしてるじゃないの!なところも萌え。
 古くからのSWファンの方々からしたらお叱りを受けると思うのですが、私個人としてはカイロ・レンとレイの関係が気になって仕方ないので、次回作はよ、という気分です…。しかしもうレイア姫は居ないのだ…(涙)


nice!(1) 

法律で禁止される [腐女子的妄想]

 そういえば英国貴族ドラマの「ダウントン・アビー」を見てて色々勉強になったのですが、得た知識のひとつに「第一世界大戦後辺りのイギリスでは、同性愛は刑法上の犯罪で逮捕された」ということがあります。何度かここでも書いた記憶があるんですが、登場人物の一人にトーマスという(当初は)何処から見ても立派な人間の屑だね!な青年が出ておりまして、彼が同性愛者だったのです。それが周囲の人々にばれた時、非常に厳格な執事であるカーソンさんに「私は英国国民の義務として君を警察に告発しなければならない」みたいに言い放たれておりまして、割と衝撃を受けたものでした。
 こんな法律があったのなら、英国人の中には未だにほもほもしい人達に差別意識を持ってる人がいても仕方ないのかもね、と思ってたら何でも明治時代の日本にも同様の法律があったとか。日本は衆道の国だったくせに…!!女大好き!で嗜まなかった秀吉様を「これだから卑しい農民出身者は」と嘲笑ってたくせに!
 …そういう意味でいうと、今回の「おんな城主直虎」は戦国時代のその習慣もあっさりと視聴者に説明していた訳で、或る意味歴史に残る大河だったのではないかな、ってヨナも思う!万千代が「新しい褌を持てい!!」って叫んだシーン、私は死ぬまで忘れらない気がします。

 そして今の時代でも、やおい小説を書いただけで投獄される国もある訳で、ほんと日本に生まれて良かった!!ビバ日本!勿論腹が立つこともない訳じゃないけど、やおいを書いても誰にも逮捕されない国って素敵!!(世界中の9割位はそうなのでは、という事実もあるけど、あとはご飯とか安全とか美しい景色とか、色々ね!)


nice!(1) 

お美しいもの [腐女子的妄想]

 はあああ、在りし日のリバーフェニックス、本当にお美しい…(テレビでインディジョーンズを観ながら)若くして亡くなってしまったことが本当に残念ですが、こうして映画の中で元気な姿を見られる、というのは或る意味で幸せなことかもしれません。年末にスターウォーズを観に行く予定ですが(初めてまともにみた前作がとても面白かったので)レイア姫…。
 二次元であれ、三次元であれ、美しい男や女は目の保養だなあ、ってしみじみ思います。

 拍手からコメント下さった方、有難うございます!

 BASARA4皇を楽しんでおられる様で、何よりでございます!
 秀吉様、ほんと操作してても楽しいキャラですよね…!!「我の右にはお前が」は紳士でも胸がきゅんされたとのこと、半兵衛様本当に愛されておいでだから…(きゅん)秀吉様はエンディングが2つありますので、もうひとつのEDも是非ご覧になって下さいませ(主なキャラは2つEDが用意されてます)
 陣を取られるのが禿げあがりそうに面倒ですが、皇ではあれでも大分ましになってるのです…(涙)無印はちょっともたついてるだけでも、あっという間に無限湧きする軍師に陣を取り返されてしまったものですが、皇では多少緩和されているかと。
 2のサビー教ステージは最高に楽しかったので、またあんなノリで遊びたいです。


nice!(1) 

境界線 [腐女子的妄想]

 今のチームの業務として、最近は毎日会社で某日K新聞(ちっとも隠せてないYo!)の記事に目を通し、スクラップしています。随分前に超ベストセラーになった小説が連載していた時に「天下の日K新聞がポルノ小説を掲載するとは!」と非難轟々だった(でもベストセラーになった訳で)という話を聞いたことがありますが、当時も今もフィクションであろうとも不倫ものには興味がないので、目を通すことはありませんでした。それでも「HAHAHA,何もたかが新聞の連載小説にそんな目くじらを立てなくてもいいじゃないか、大人げない!」と思ってた私ですが、いざ実際に目を通す立場となってみると、確かに「日Kに」「お世辞にも品があるとは言えないエロを含む小説」が掲載されてる、って何かちょっと猛烈な違和感がありますね…。
 散々書いてますが、私はエロが嫌いとは言わないです、何しろ自分でも18禁な二次創作を散々書いてきましたし、同人誌も出してきたし、「これは良いエロ!!」と大喜びで人様の書いた作品も読むし。しかし昨日・今日と掲載されてた分はエロいというより下品で、個人的には「…読むんじゃなかった…」という感じ。特定のスポーツ競技に励んでいる女性選手に対してちょっと酷いなあ、と思ったし、ポストとか夕刊フジなら多分何とも思わなかったのだろうけれど、延々と経済関連の情報を読んできた頭で読むのは(私には)きついので、明日以降は「この先は地雷原…」と己に言い聞かせて目を通さぬ様にします。
 男女を問わず、下品な猥談をしている光景を文章化されると私は猛烈に萎える、ということを今更ながらに自覚しました。「下品な男(女)は不要だ」と床が抜けるスイッチを押した人の気持ちが生まれて初めて理解出来たYo!!!エロと下品の境目は人ぞれぞれで、それ故に難しい(腐ったおなごの分際で何を抜かしているのかわたし)

 拍手からコメント下さった皆さま、有難うございます!ターゲティング広告を不快に思っておられる同志の方々がおられて、とても嬉しいです!

 薬と病状を検索したら医者と認定…。「高収入男性と美女限定」のコンパ広告とはそれはそれで見てみたい気がします(笑)でもそんなネット広告につられるお医者さんって居るのでしょうか。「自称」美女がやってきたり、明らかにお金目当て!みたいな感じでがっかりする羽目になる気がするのですが。
「不快にさせることで印象に残す」作戦だとしたらそれはそれでたいしたものですが、絶対買わない!と思わせてしまっては元も子もない様な気が…。

 エロ漫画も困りますが、ホラーやグロ漫画の広告も地味にHPを削られますね…。やはり高級マンションの検索をするしかないでしょうか(げっそり)岸田メル氏が服飾メーカーと対談している記事を見たらそのメーカーの広告が表示、とはぐーぐる先生恐るべし…!!そういえば検索した記憶もないやたらお洒落な服とか靴とか広告で表示されて不思議に思ったことがあるのですが、あれも何かのゲームとコラボしてたのかな?情報有難うございます、探して読んでみます!


nice!(1) 

夏コミだったのですね [腐女子的妄想]

 某氏のお手伝いで去年の冬コミには参加してたのですが、彼女も「もう夏コミの参加は体力的にきつ過ぎる」と申込せず。そんな私は大分前だけど某氏のお手伝いで参加した夏コミ、開場前に猛烈に気分が悪くなり、そのまま医務室へ行って閉会まで寝かされて以来、「とうとう私も夏コミを引退する時が来たか…」と売り子での参加も無しでした。
 そんなこんなで身近に参加する人もいないとコミケの存在すら忘れてるのですが、冬コミの際久々に会ったお友達から「久し振り!今日は○○に居るよ!」とLINEにメッセ。「おお、今回も御主人と参加してるのか」とほのぼのしつつ、「今回は参加してないんだ、ごめんね」とお返事を送りました。
 今思い返してもほんと若さとは恐ろしいというかパワフルというか、オフセットを入稿してもまだ情熱と萌えの発散が足りてない!とコピー本を作り、下手したら前日ろくに眠れないままふらふらになって、あの倒れた夏コミの比ではない程劣悪な環境のスペースで一日中殆ど水分も摂らないまま売り子をしても全然平気だったというのに!コミケ終了後、夕方漸く化粧直しをしようと手鏡を見たらもう全然化粧が残ってなくて驚いたね!そして今と違って若かったから、化粧が剥げててもさして見苦しくなかったという(遠い目)

 こんなおばちゃんとしては、ばっちりフルメイクしている女子高生を見ると、「…勿体ない、あの面倒くさい化粧をせずにそのまま表に出られる貴重な期間だというのに…」と甚だ面倒くさいというか、おせっかいなことを考えてしまう訳です。つまりは女子力(って年じゃないYo!!)の低さは昔から、だったのですが、腐女子だから仕方ない。


nice!(0) 

私にはお勧めしないで結構です [腐女子的妄想]

 あまじょん君が閲覧履歴やら検索履歴やら、から「へっへっへ、旦那はこういうのが好きなんでがしょ?」としたり顔で「あなたにお勧めがあります」とメールを送りつけてきたり、画面に表示する度に「こんなものを私に勧めたのは誰だぁぁぁぁ!?」…と海原雄山の如くに襖をすぱーん!と開けたい気分になられた方は多いと思います。
 今回は過去のお勧め作品の中で最も「はああああああ!?」…と心底思ったものをメールで送りつけてきおった…。あまじょんよ、貴殿は一体何処に向かっているのだ…。


BLポーズデッサン集 カップリング別 抱擁&密着シーン

BLポーズデッサン集 カップリング別 抱擁&密着シーン

  • 作者: えびも
  • 出版社/メーカー: エムディエヌコーポレーション
  • 発売日: 2017/04/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 そもそも私、絵描きじゃないんですけど。
 以前、女体化三国志のゲームを検索したら、それから何カ月にも渡って延々と巨乳もののゲームとか漫画とかばかりお勧めしてきたことは赦してつかわそう、確かに我は貧乳も嫌いではないけど、圧倒的に巨乳スキーだ!!!男性向けのエロ漫画で時々見掛ける、奇乳レベルまで到達した胸はちょっと勘弁してつかあさい、派ではあるがな!!!
 だが貴殿でBLものを検索したことは(多分)無い筈だ!!基本的に私は二次創作のホモスキーであって、オリジュネ属性はないからな!!!(※最近の若いフロイラインには「ジュネ系」という単語の意味は多分通じないんだろうな、ってヨナも思う!!)
 こうしてクリックしてしまったから、あまじょん君の中で私は「そうか、君は(ほもほもしい)絵を描くのだな…」という設定になってしまったことでしょう、あーあ。

nice!(1) 

今年の大河 [腐女子的妄想]

 歴史ゲーム(と言っていいのか)も好きだし、歴史そのものにも興味があるので毎回大河は好きで見ています。ただ、幕末ものは今のところ私の好みからはちと離れることが多くて、来年と再来年は見るかどうか解らない、という感じではあるのですが。
 そして今年の「おんな城主直虎」ですが、ここにきて俄然面白くなってきました。「えっ、まだ子供時代が続くの?」と思った位長々と子供時代を描き、直虎というか当時次郎が寺で過ごした時代もしつこい位描いたので、「一年もたないから、無理に引き延ばしてるとか…?」と失礼ながら思ってたのですよ。
 でもここにきて、幼馴染み三人の交流や、細かい心の動きを丁寧に描いていたことによって、「史実上は単なる裏切り者ではなかったのか…?」な政次が、「数奇な運命を辿らざるを得ない、幼馴染みだった女の子を何とか護りたい、彼女の愛するこの国を何とか他国に蹂躙されずに残したい」という一念の下に悪役を買って出ているのか、というのが視聴者にばればれで見てて切ない。
 ただの一言とて「今でもおとわが好きだ」「井伊を護りたい」なんて口にしてないし、そういった行動を取ってる訳でもないのに、ふとした刹那に浮かべる苦しげで切なげな表情や、直虎がちょっとした悲鳴を上げただけで血相を変えて駆けつけたり、と一途過ぎて胸がきゅんきゅんします。役者さんってほんと凄いな!!
「こういう関係、私は物凄く好きだった気がする…」と思いながら昨晩も見てたんですが、そういえば幻水5のギゼル×サイアリーズ系列だな、と懐かしく思い出しました。ギゼルの「お辛いようなら、替わって差し上げろ」の台詞で萌えのゲージが振り切れたことを思い出す今日この頃。サイトで何本か小説を書いた程度には、二人の関係が大好きでした(しみじみ)
 ギゼサイもそうだし、政次×直虎もそうですが、彼らの関係を見ていると脳内プレイヤーが中島みゆきの「空と君の間に」をエンドレス再生するので困ります。
「君が笑ってくれるなら 僕は悪にでもなる」
 …しかし、政次の死にざまって史実上はアレですが、どんな風に描くのか、今から楽しみでもあり、怖くもあり。
 去年散々真田丸でも「この秀頼様なら勝てる…!!」「今年こそ豊臣が、西軍が勝ってもいいじゃん!」と思ったものですが、今年も同じことを考える羽目になりそう。
「直虎たん、いい加減政次の恋情に気付いてよ!」とじれったくもあるのですが、仮に気付いてしまったらこれから先に待つ運命が直虎にとっては余りにも残酷ではないか、という気がしないでもない。既にもう直親を喪ってるのに。

 拍手からコメント下さった方、有難うございます!

 ガルマ様が亡くなった場面でも、スイッチが半分位押されてた様な…。イセリナとガルマ様の関係もロミオとジュリエット、という感じで凄く萌えたし、仇を取りに行った、というのも非常に萌えですよね。仮に今の私が初代ガンダムを初めて見たら、ガルマ様×イセリナに萌えるかもしれません。私も最近萌えのアンテナの感度が著しく劣化している気がするのですが、年のせいなのでしょうか(よろよろ)
 ゲームの容量は本当に悩ましい問題でございます。遠からぬ未来にブルーレイ2層×2枚組、なんてソフトも出てきそうで、PS5は最初から1TB位HDを積んでるんじゃなかろうか。


nice!(3) 

ど真ん中ストライク [腐女子的妄想]

  某氏が常々「非常にほもほもしくて宜しい」と仰っておられたコナンの映画をついさっきまで見てました。しかしながら、多分これガンダムを見てた方なら2倍美味しいというか、にやりと出来るのだろうなー、と思ったんだけど、私は初回のテレビシリーズを大昔に再放送で見たきりなので、ちょっと無念です。そういえば最終回辺りでシャアとアムロが戦っていた様な記憶があるのですが、「僕にはまだ帰れるところがあるんだ」位しか覚えてないというこの情けなさ。
 赤い人の声を聞きながら、「そういえばついこの間までペルソナ5でもこの声をずっと聞いてたなあ」と懐かしく思い出しました。某氏にメッセを送ったら「池田さん出てたの!?」と返信が来たので、これを機にPS4を買ってペルソナ5をプレイしてくれればいいのですが(願望)
 そんなこんなで「私もほもほもしく萌えるかしら」と楽しみにしながら早々にお風呂まで済ませてたんですが、私の萌え心をがっちり鷲掴みにしたのはキュラソーだった…。「やだなんて美人…!」「ナイスバディ…!!」「挟まれたい」とか訳の解らないことを思いつつ楽しく見てたのに、えええええええええ、あの終わり方って…!!
 でも確か赤い人も何年か前に死んだことになってた様な(記憶が定かではない)そしてジョディ先生と赤い人って恋仲じゃなかったっけ(※記憶に混乱が生じている可能性がございます)「実はこっそり逃げ延びていた」という展開を期待しております(涙)


nice!(1) 

時間だ、時間だけが僕を駆り立てる…!! [腐女子的妄想]

 2016年もあと2カ月で終わりでございます。この分だと、私の中にある腐ったおなごとしての心の神殿(※田中芳樹風表現)の最上級の受の玉座(※男性キャラ部門)に坐しておられる半兵衛様以上の受は、今年も出現しない気がします。

戦国BASARA4 皇_20151112201509.jpg

 何度も書いてますが、私はカプコンがバイオ4辺りから延々と積み重ねてきたユーザー無視の所業がゆえに、ゲーム製作会社の中ではもうぶっちぎりで一番大嫌いになってしまったのですが、そのカプコンが(BASARAの)秀吉様と半兵衛様、三成君を生み出してくれた訳で、ゲーム会社としては大嫌いなのに最上級の萌えを送りだされたこのジレンマ。ぐぬぬ。私にとってカプコンはほんと、憎みきれないろくでなし(暴言)嗚呼半兵衛様。拙者、豊臣軍兵士として秀吉様と半兵衛様の末長い幸福を祈らずにはいられませぬ!

 という訳で、時間が足りない!とやっているうちにWOFFも発売だし、もうちょっとするとFF15でトリコも発売だし、で私は今年も沢山の積みを重ねてしまいそうですオガーザン。DLで購入すると比較的積みの意識が薄いので、そっちで買ってしまえばいいのかもしれない(全然解決になってないよ!!)

 拍手からコメント下さった方、有難うございます!

 ペルソナ合体は本当に悪魔の様にぎゅんぎゅん時間を奪い取っていきますよね…!今回は怪盗だけに益々時間を盗まれてしまう気が。でも継承するスキルを自分で選べる様になったのは本当に嬉しいです。「ネットハイ」は割と評判も良かったのでちょっと気になっておりました。ま、まあおなごキャラがセクシーだったり触ったり、とかはマーヴェラスならば当たり前というか、私も「ヴァルハラナイツ」でかなり「えっマーヴェラスのゲームってこんな感じなの!?」とびっくりしたりしたけど大変楽しかったので、そちら方面は全然大丈夫でございます。ちょっと調べてみたら、「遥かなる時空の中で3」ってPS2→PSP→今回VITA、と3回目のリメイクなのですね。でもファンの方々が皆すっごく喜んでいるので、名作なのだなあ、とちょっと楽しみです。


nice!(0) 

「ずっとあなたが好きだった」 [腐女子的妄想]

 昨晩のマスケティアーズの最終回の話。

 ラスボスであるロシュフォールという男が本当に悪党だったので、早く奴を倒して!!と思ってたのですが、最後の最後で本当に哀れな男だなあ、とちょっと気の毒になってしまいました。
 スペイン王の姉であり、フランス国王の妻である王妃にずーっと長年ひっそりと片思いをし続けてた訳ですが、登場して間もない頃娼婦にわざわざ王妃っぽい衣装を着せてる(耳飾りやネックレスといったアクセサリまで)のを見て、てっきり王妃を亡き者にしてこの娼婦と入れ替える気なのでは?と思ってたのです。…まさか娼婦相手に王妃様のイメクラ状態だったとは思わなんだ。そんなにも片思いを拗らせてるのに、「イケメンは大正義」とばかりにアラミスがあっさり王妃様に手を出して、おまけに息子まで作っちゃった訳だからそらー可愛さ余って憎さ百倍、になるのも解らんでもない。そうは言っても、そもそも王妃様なんだから絶対想いが叶う筈はないじゃん!と突っ込んだのですが、でもアラミスとはいい仲になっちゃったしなあ。やはりイケメンは大正義なのか。ロシフォールだってそう悪い顔じゃないですけど、アラミスはいわゆる甘いマスクのスマートなイケメンなので、王妃が靡くならそっちなのは仕方あるまい。
 ペルソナ4で言うなら完二はすんごいいい子だし、いい男ですが、鳴神君がもてまくるのは仕方ないよね!という感じ。イケメンと美女は大正義。
 最後に王妃を助けに突っ込んできたアラミス達に王妃様のことを「俺の女だ!」と叫んだ時に、さすがに不憫になったというか、「最初から髪の毛1本ですら己のものには決して成り得ぬ女ではなく、ちゃんと手の届く女に惚れれば良かったのに」と物語を全否定しかねない感想を抱く小石川(偽名)さん。「女が駄目なら、男に走ればいいじゃないの」と即座に思った辺り、私は相変わらず腐ってました。生まれてきて済みません。

 こんな腐った日記を書いてしまいましたが、明日のPSカンファが非常に楽しみです、わくわく。
 フリウォ2が発表されたなら、わたしもう他にはなんにも要らない…!!

 拍手からコメント下さった方、有難うございます!

 おお、今回の鬼退治には毒が有効なのですか!全然武器を拵えてなくて、延々同じ薙刀で戦ってたのですが、新しい毒属性の薙刀(また薙刀かよ!)を拵えてみることにします、有難うございます!
 博士のところで錬成するトロフィー、私もちょっと二の足を踏んでて取れそうにないです…。どれも貴重な素材ばかりですものね。ついつい「それを錬成するなんて勿体ない!」と思ってしまいます。


nice!(3) 

幾つもの萌え [腐女子的妄想]

 そろそろお風呂に入ろう、と思いつつ、テレビのチャンネルをふと替えていたら、「マレフィセント」をやっているのに気付きました。今まで見たことはなかったのだけど(ツムツムでキャラを見た位かな)ついつい見始めてしまい、最後まで見てしまった…(当然風呂に入るのが遅れて、今の時間に)
 何というかですね、「私の萌えポイントが幾つも入った素敵な映画だった」という感想。高貴な女王様萌え・絶対服従の忠実な主従萌え・母親の様な愛で包み込む萌え・ツンデレ萌え・ドラゴン萌え等々。クライマックスシーンのドラゴンに変身するところ(つまりはドラゴラムを唱えたのだな、とか思っていたわたし)は何故かドラッグオンドラグーン(※無印)の「女神の城」をふと思いだしたり。「PS4でDOD無印をHDリメイクしてくれないかなあ」とかついつい考えてしまったのでした。
「役に立たない男共め!!!」って台詞が何気に私は好きなのですが、晒されたフリアエ的にはたまったものじゃないですよね。私だって会社のお偉いさんが列席している重要な会議上で「(※BASARAの)半兵衛様、拙者を男にして下されぇぇぇ!!!」…なんて萌えを暴かれたら、もうその日のうちに辞表を書くしかないです。
 はー、ほんと面白かった。最近のディズニーはほんとしゅごいですね。

 拍手からコメント下さった方、有難うございます!

 討鬼伝2までにダンガンロンパクリア、頑張って下さいませ!私も何とか朧村正をせめて百姫だけでもクリアしたいです。
 メモカ残量、悩ましいですよね…。討鬼伝・極もDL版を買っちゃったし、同じメモカのシェルノとチェンクロがかなり容量を食ってますから、他のソフトを何本か消さないと(汗)シェルノもまだ買えるDLCがあるので、そっちも買おうと思ってるのですが(容量を見ながら)
 また鬼退治が出来るのか、と今からわくわくです。


nice!(0) 

自分でもそう思う [腐女子的妄想]

「妄想を喰らう恐怖のキモ集団、腐女子が来る!」

 …実情を良く解ってるじゃないですか、やだー、とか思ってしまいました。
 小娘だった頃なら「そ、そんな酷い…!!(ほもが)好きなだけなのに、一体何がいけないの!?大人なんて大嫌い!」…と可愛らしくさめざめと泣いたりしたかもしれませんが、もう大娘になってしまった今では「良く解ってるじゃないの、我々は妄想を喰らって生きておるゆえ、おかしなクスリなど永久に不要!!何しろ脳内で勝手に自ら妄想が発生してドーパミンがどばどば出るからね!!!HAHAHAHA!!!」…位しか思わないです。
 あんまり三次元萌えはない方ですが(※全くとは言わない)イケメンが二人いればほもほもしい妄想でついつい胸きゅんしちゃうんだもの、そらー耐性がない人からしてみればキモいと思いますよ。そうは言っても、一応普通の社会人であり、家庭人でありますので、身近な人間でほもほもしく萌えたりはしませんが。「自分の旦那や恋人でほも妄想している」という話を聞いたことがありますが、さすがに私はちょっとそこまで到達は出来ない(汗)
 普通に男女カプも大好きだし、可愛い女の子がきゃっきゃうふふ、したり更にもう一歩進んでもいいし、まあ要するに人と人が愛し合うさまに心がほのぼのと癒されてるだけですよ!

 我々ヲタクは昔から馬鹿にされることに慣れているので、いちいちそういうのに傷付いてなどいられぬ訳で。
 随分前の話ですが、とあるスポーツ新聞にナンパ成功術?みたいな小さいコーナーがあって、そこに「同人誌即売会で自分の作った同人誌を作っている女は、売ってる本を10冊位買ってやればヤれる!」みたいに書いてあったことがありました。当時はまだ小娘だったのでちょっと傷付きつつ、それを教えてくれた友人たちと「ナンパの為にホモ同人誌を10冊も買うって、それ男としてはかなりハードルが高いんじゃね?」「いやいや、それ以前にたかが一人の女性をナンパする為に、同人イベントに来ること自体がハードルが高過ぎる」(当時の同人誌即売会は、今の様にライトなヲタクが気軽に遊びに来る様な場所ではなかった)「そうやって我々腐女子の作ったホモ同人誌を『せっかく金を出したのだから』と貧乏性でついつい目を通した結果、ホモに目覚めてしまうかもしれん」…とかいう会話を交わしたことを懐かしく思い出します。
 もうね、キモいとかダサいとか幼いとか馬鹿みたいとか、言いたい人は好きなだけ言ってくれてていいです。「(BASARAの)半兵衛様、ほんと美人で貞淑な人妻で女王様で秀吉様に一途で可愛い、もうあんなことやこんなことをしてしまいたい…!!!」

 確かに異論の余地なくキモいわ!!!


nice!(1) 

「破廉恥でござるぅぅぅぅぅ!」 [腐女子的妄想]

 何度も書いている通り、私はゲームや漫画のたゆんたゆんキャラをこよなく愛しておりますが、愛するが故に「時と場所を弁えた方がいい」と思っている方です。
 …とりあえず、あの農業ポスターは「これはどうだろう」って提示された時点で「これはちょっとまずいと思いますよ」って誰も思わなかったことはちょっとどうなの、と思わないでもない。アキバとかコミケで見る分には全く問題はないのですが、やはり一般人が見る場所に掲示するものは配慮が必要だと思うのですよね。多分我々日本のゲームとかアニメとか好きな層は、セクシャルな表現に対する感覚が麻痺してるよなあ、と我ながら思うので。
 そうやってエロティックなものに対して暴走していくと、いつかある日突然厳しい規制がかけられたりするんじゃないか、とたゆんたゆんスキーとしては物凄く心配。私はこれからもたゆんたゆんなキャラを楽しみたいので、一般人の目に触れる類のものには格段の配慮をお願いします、と心から願う次第です(己の欲望に忠実なわたし)

 1987年のアメリカでは、このジャケットが「破廉恥でござるぅぅぅぅ!!」…と認定されて発禁になったのですが、その様に厳しい世界になったら困ります。

ワイルド・イン・ザ・ストリーツ+3

ワイルド・イン・ザ・ストリーツ+3

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/10/12
  • メディア: CD

 ずーっと前に同じことを此処で書いた記憶があるんですが、発禁になった理由はたゆんたゆんではなく、「周りのピンクが卑猥」という、ちょっと何言ってるんだか解らないです?なものでした。ほんとアメリカの基準は訳が解らないですね、下着姿の綺麗なお嬢さん達にアメフトやらせるのはいいのに、このジャケットが駄目だとは。

 とにかくこれからもたゆんたゆんを楽しむ為に、「破廉恥でござるぅぅぅぅ!!規制規制規制ィ!!」と言われぬ様、くれぐれも時と場所を弁えて参りましょうぞ(平気でエロいSSを何の警告もなく此処にアップする腐女子である自分のことはさておき)


nice!(0) 

「力を抜いて」 [腐女子的妄想]

 多分何処の会社でもそうだと思うのですが、何かというとコンプライアンスとか人権問題とか安全運転とか、と色々なDVDを見せられます。
 コンプライアンス関係でまたもや「見ろ」とお達しがあったので、仕事の合間を縫って今日見たのですが、これが何というか妙にほもほもしくてですね…。新入社員の青年が、職場に配属早々突然会議室に連れていかれるのですが、そこには何故かコーエーの信長様位の髭を生やしたナイスミドルのおっさんがいます。二人きりになった会議室で、おっさんは「そんなに緊張しなくてもいい」「力を抜いて」とか言い出したので、「えっ何このほもほもしい展開…!?」…と思ってしまい、ついつい口元が緩んでしまう有様。初々しい新入社員の青年は、この後おっさんから色々教わる訳ですが、いちいちほもほもしくて、思わず「くっくっく、黒マテリア…!!!」状態に。脇を通りかかった上司に、「おい、小石川さん(偽名)そのビデオで何でそんなに笑えるんだ?」(※上司は既に視聴済み)と不審がられるていたらく。
 突然の問いかけに内心動揺しつつも、そこは社会人歴が長くなってきた私のこと、「いやあ、役者さんの演技がオーバーで笑えて仕方ないんですよ」と完璧な微笑みと共にいらえを返したのでございます。
 最後のシーンではおっさんが若者の背中に手を回し、一緒に会議室から出ていく、という演出で、もうこの脚本を書いたのは我々の同業者なんじゃないかな!と思う程ほもほもしかったです(※感想には個人差があります)感想を書かないといけないんですが、「ほもほもしくて楽しゅうございました」とまさか書く訳にはいかず、「コンプライアンスは大切なことだと改めて実感致しました」的なことを書いておきました。

 拍手からコメント下さった方、有難うございます!

 ヴァルキュリア復活、おめでたいですよね!どうやら旧作とは世界観は違うみたいですけれど、もう復活しないと思われていたシリーズですから、何はともあれ新しい作品を遊べるのは嬉しいですよね。
 スクエニのセツナ、私も買うつもりです。去年もそうでしたけど、PS系って1月から3月頃にソフトが固まり過ぎだよ!って感じ。今年は何本買うことになるのかな?(積みが…また…)


nice!(0) 
前の15件 | - 腐女子的妄想 ブログトップ