So-net無料ブログ作成

「龍が如く4」プレイ日記(その1) [龍が如く]

 例によって平日は殆どプレイ時間が取れない為、ほんとーにちまちまとしか進めません。まだ秋山の2章目で、突然おねーさんが「保証人なし・担保なしで10日以内に1億円貸して」…と、社会通念上到底理解できないお願いをしてきたところです。「起きたままで寝言を言っているのか」…と言いたいところですが、それを言ったら物語が進行しないよね!
 見参と3をプレイした時にも感じたことだけれど、セガの龍チームのモデリングはかなりリアルだよなあ。「おっさんがおっさんらしく大変むさくるしい」…と画面を見ていて感じる位です。これって何気に凄いことなのではないか、とふと思うのだった。「直前までFF13をプレイしていてお肌つやつや・髪さらさらできらきら」…な美形を見続けていたせいもあるのやもしれませんが、ヤクザとかチンピラとか本当に丁寧にモデリングしてるよね、と感心しつつも「…むさくるしい…」と感じてしまって本当に済みません。
「おっさんもいいけど、若くて綺麗なおなごももっと出してたもれ」と時々考えてしまうことなく、熱い漢の世界にもっと浸りきらないといかんよ、わたし。
nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0