So-net無料ブログ作成

何故に高騰? [ゲーム(PS2)]

ドラッグオンドラグーン2 設定資料集―Memory of blood (電撃プレイステーション)

ドラッグオンドラグーン2 設定資料集―Memory of blood (電撃プレイステーション)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本
 ニーア・レプリカントの話。兄の仇を討った後、ロボット山に行くのがとても辛くなりました。壊れてしまったというか壊れゆくというか、な弟と会話するのがとても辛い。でも武器強化の為には話さねばならぬ。…さすがキャビア(一体何度口にしたろう、この言葉)本当に油断ならぬ会社です。
 そうは言ってもこの狂気というか憎悪というか、があってこそ、という気がすると同時に、DODが無性に懐かしくなり、本棚から設定資料集を引っ張り出してきました。うーん、「エンジェレグナ」は本当に作って欲しかったよスクエニ!勿論私は幼馴染みのエリスを真っ先に狙い、続いて寡黙な数学教師のカイム→美術教師のヤハの順で落としたと思います。藤坂氏がノリノリでイラストを描いているのも、スタッフがゲーム画面をきちんと作っているのも余計「あああ~このゲームで遊んでみたいー!」…な気分になってしまうのですよ!
 相変わらず1のサントラは一向に値段が下がらぬ上に再販の兆しとてないし、とあまじょんを恨めしく見ていたら、設定資料集も高騰しているのにびっくり…。な、何故?そういえば1の設定資料集はやはり高騰していて、でもゲームの2が出た時に再販してくれたおかげで手に入れられたという記憶が(私の持っている1の設定資料集は第2刷なのです)
 欲しがっているファンが沢山いるんだし、ということで、サントラ共々再販してくれると嬉しいんだけれどなあ。

nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0