So-net無料ブログ作成

FF13-2プレイ日記(その10) [FF13]

 すっかり忘れていた、「ベヒーモスの角を獲ってくる」という依頼をこなす為に、ヤシャス山AF010年に戻ってみました。あの頃、「あかん、全然話にならぬ!」…状態だったベヒーモスちゃんですが、ノエルもセラもなんだかんだと成長しているのですね。あっけなく勝利を収めてしまいました、きゃっほう!
 その後、ストーリーを進めるべく新都アカデミアAF400年に進みます。未来的な大都市ですが、冷たそうな雨が降っている上、カイアスが邪魔をしてくるのだった。地図を手に入れても、今いち現在地が把握できない程こんがらかってくるのは、「地図が読めない女」だからですかねオガーザン。しかもここは次から次へとシ骸が湧いてくるので、うかうかパネル操作もやってられません。
 カイアスと遭遇する辺りのセクションから切り替わるBGMが、凄く格好良い。無印のバルト=アンデルス戦の時に流れる「降誕」をふと思い出してみたり。FFは、ストーリーとかキャラが今いち私の好みじゃないなあ、と思うことはあっても、音楽とグラフィックが外れだな、と思ったことは一度もない気がします。
 カイアスと一緒にいる女の子、ユールはどうやらノエルとも仲良しだったっぽい?というかノエルはユールのことが好きみたい。でもカイアスとも恋仲だったっぽい気がするのですが、三角関係だったのか、それともユールが言った様に、「私はあなたのユールじゃない」ということなのでしょうか。
 サンレス水郷だっけ、でカイアスが事切れるユールの姿に「一体何度見送ればいいのか」みたいに嘆いていたけれど、実際幾度となくユールが亡くなっている気がするのだけれど、これは「どんなにパラドクスを解いても、ユールは必ず死ぬ」ということなのでしょうか。
 その後カイアスを追って向かったアガスティアタワーですが、この前の段階を攻略していないことが判明、ワイルドオーパーツでゲートを開けてキーを入手してきました。
 …基本的にわたし、RPGの1周目は「どうしても倒せない中ボスがいる」とかいう時でもない限りは攻略サイトを可能な限り見ない様にしているのですが、FF13-2に関しては攻略サイト様のお世話にならない限り、先に進めそうにありません。何しろヒストリアクロスという名の物語というかダンジョンの分岐が余りにも複雑で、普通にプレイしてたらこれ絶対に途中で詰んじゃう!という感じ。
 そんなこんなで、ストーリー部分は見ない様に気を付けながら、ちまちまちまと進んでいます。


nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0