So-net無料ブログ作成

キマリの心境や如何に [FF10]

 また勘違いしてました、「…出来ないよ…!」ではなく「…行けないよ…!」でした。なんか色々勘違いをしていて、我ながら情けない限り。思えばこの「…行けないよ!」と「素敵だね」の歌詞「行きたいよ 君の街 腕 胸の中」というのはリンクしてるのだなあ、としみじみと実感しながら、またもや泣きました。…駄目だ、このシーンは本当に切ない…。なんか記憶では「素敵だね」に合わせて、もっと長い間らぶらぶちゅっちゅなシーンが続いてた気がしてたんですが、案外短かったのですね。
 みんなのところに戻る時に、ためらいがちにぎこちなく、そっと手を繋ぐ二人がすんごい可愛い。
 FF7の「思いを伝えるのは言葉だけじゃないよ」「お、おはようクラウド」「…見てたの?」程には生々しくないというか、大変可愛らしくていいね!FF7は最初は「翌朝、ティファがチョコボ小屋から周囲をきょろきょろ見回しながら出てくる」という設定だった、とインタビューで誰がかが答えてて、「そんな最初がいきなりチョコボ小屋だなんて、幾らなんでもティファが可哀想!」と思った私でしたが(クラウドは男なんだから何処でも良かろう)その結果星空の下っていうか大地の上っていうか、それはいきなり難易度の高過ぎる行為になってるのでは(汗)

 …しかし、路傍の石の如くに存在を無視されて目の前で延々とラブシーンを繰り広げられたキマリの心境を思うと、ちょっと可哀想にならないでもない。でもロンゾ族は人類と違うから、別に気にならないのかもしれないね!

 今回もプレイしてて時々いらっとしたんですが、スピラの人々って結構酷いってヨナも思う!「ユウナ様のナギ節、楽しみにしてます!」とか「ユウナ様なら絶対『シン』を倒せますよ!」って、意味が解るとすんごい残酷なこと言ってない?って思ってしまうんですが。「必ず誰かがその命と引換に究極召喚を成功させるしか『シン』を倒せる術はない」「召喚士になれるのは、極々限られた一部の人間のみ」っていう前提があるから、一般人にはどうすることも出来ない、ってのは解るのだけれど、なんだかなあ。でもそういう世界に生きているのだから、きっと仕方ないことなのでしょうね。

 いよいよナギ平原までやって参りました。七曜の武器集めの時間だぁぁぁぁぁぁ!!!…雷避けとブリッツボールは挑戦もしないから、もういいんだ…。全員分揃わなくても、ユウナレスカ様もラスボスも倒せるんだ…。


nice!(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0