So-net無料ブログ作成

ナマモノ [腐女子的妄想]

 今はイベント参加はおろか、Pixivのパスワードすら忘れてしまった、という位同人系から離れてはいるのですが、基本的に腐ったおなごなので、時々猛烈に「ああああ、これは良い!実に良いほもだあああー!!!」…と叫びながら光の速さで検索しまくる時があります。まあ、大抵逆カプとかだったり、そもそもカプ絵が全然なかったり、ということが殆ど、ということを繰り返しているうちに、「どうせ私の萌えは孤独な萌えだから…」と引き籠ってしまったのですが。
 そんな私は時々ナマモノで萌える時があります。つまり、実在の人物です。
 ちょっと前のことなのですが、とあるジャンルのナマモノ萌えが猛烈に滾ってしまい、イベントに本を探しに行ったのです(ナマモノだけにオンではなかなか見付けられない)コミケなのに全然見付けられなくて(※私がコミケで楽しみにしてたのは、普通のイベントではまず見られない様なマイナーなジャンルの本を探すことでした)確か前には結構あった筈なのに何故かな?と不思議に思ってました。その後、ネットで探してたら、どうやら腐ったおなごを快く思っていない殿方が、ほもほもしい本を面白おかしくネットに掲載してしまったらしく、「…ああ、これではもう本など作れないわ…」とちょっと絶望したものでした。まあ一般人の殿方の気持ちは解らないでもないのですが、ひっそり楽しんでたのになあ、としょんぼり。

 そんな時代の記憶が生々しいのですが、Twitterとかでそのジャンル(といっていいのか)のとある二人がしょっちゅうトレンド入りしてるのを見ると、「なんじゃこりゃー!!」状態になります。…しかもほもほもしい発言を連呼してる…。

 大娘としては、時代の変遷についていけないです。ほもほもしい本や作品を探そう、とは思わないのですが。

 拍手からコメントくださった方、ありがとうございます!

 アニメのあの終わり方、「続きはゲームでどうぞ!」という感じでしたねー。ペルソナ5、ゲームは猛烈に面白いし大好きですが、パレスがほんと長いから、軽い気持ちで購入すると大変なことになるかも…。セーブポイントは絶妙なタイミングで出てくるから、決して苦ではないし、戦闘そのものも楽しいから、アニメから入った方には猛烈にお勧めしたいのですが。


nice!(2) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 2